クリスマスツリー オーナメントセット&北欧ヌードツリー&ファイバーツリー

クリスマスツリーはどんなものが人気があるのでしょうか?

オーナメントセットのものや北欧ヌードツリーやファイバーツリーなどがランクインされていました。

クリスマスツリー の人気ランキングはこちらから見れます。
↓ ↓ ↓ ↓

CHECK ! ⇒ クリスマスツリー 人気ランキング〔楽天]

今回はクリスマスツリー オーナメントセットのものや北欧ヌードツリーやファイバーツリーなどの特徴や口コミ情報などをご紹介します。

クリスマスツリー オーナメントセット スリム 150cm

クリスマスツリー オーナメントセット スリム 150cm の色はレッド、ゴールドがあります。

サイズのおおよその目安は幅80×奥行き80×高さ150㎝スリムで小さめです。

枝葉の広げ方や飾り付けによって変わってきます。

オーナメントセットになっています。

・LEDライト付き 4色
・コントローラー付き
・脚カバー付き
・収納バッグ付き

簡単に組み立てができます。

実際にに使ってみた人の感想を見てみました。

・ちょっと葉はパラパラと落ちますが、オーナメントがモリモリなので、豪華です!

・ツリー自体はボリュームもあるし、オーナメントや、収納用のバッグも付いていて、かなりお得な感じです。

セットになっているのですぐに飾りつけが出来ていいですね。

クリスマスツリー 北欧 ヌードツリー 150cm

こちらはオーナメントはありません。

クリスマスツリー 北欧 ヌードツリー の特徴

ドイツトウヒ風ヌードツリーでボリュームたっぷりで存在感があります。

ヨーロッパのドイツトウヒの木を再現しており本物のように美しい高級感あふれるクリスマスツリーです。

こだわりぬいたリアルな枝葉で葉先は精巧に再現されています。

ボリュームたっぷりで存在感があり深みのあるグラデーションです。

オーナメントで自由にアレンジできてお好みの形に調節できます。

脚カバー付き、すっきり片付く収納バッグ付きです。

組み立ては簡単です。

口コミを見てみると・・

150センチにして良かったです。

枝が柔らかく、葉も全然抜けないので、子供もペットも安心です。

ヒンジも付いていて、ボリュームもあり、収納袋も付いていて大変満足です。

枝が柔らかくて安心ですね。

ボリュームがあり満足できそうです。

ファイバーツリー 210㎝

ファイバーツリー 210㎝はビックサイズのクリスマスツリーです。

聖夜を鮮やかに演出する7色のグラデーションでキレイです。

ツリーの根本からライトアップすることで光ファイバーの1本 1本が輝きます。

ライトはLEDなので省電力かつ長持ちするのがとってもいいですね。

消灯してもインテリアとして素敵です。

幻想的な輝きを持つクリスマスツリーです。

飾りがついていないヌードツリーなのでオーナメントやオリジナルツリーで楽しめますね。

普通のクリスマスツリーどこが違うのでしょうか?

点灯パターンが違います。

ファイバーツリー 210㎝の口コミを調べました。

ファイバーツリー 210㎝の口コミ

・迷ったけど汚れの目立たないグリーンにしました。

組み立てて点灯すると「わぁ~きれい」という感じでした。

そのあと自宅にあった飾りを飾ってみたけど、飾りなしのシンプルなほうが良いかもってことで ツリーのみに戻しました。

枝数も多いし高さもあるから迫力あって、だけど圧迫感はないし210センチにして良かったです。

ファイバーの光の量は十分綺麗です。

・イルミネーションの点灯パターンを切り替えれると誤解して購入。

切り替えどころかオンオフスイッチも無くコンセントに抜き差しするしかない。

・ホワイトツリーなのに黒いコードっていうのは飾ると意外と気にならない。

・枝数も多いしファイバーも綺麗だし高さもあるけど、少し寂しい感じがするから飾りをつけました。

飾りがなくても、そのままでファイバーが綺麗で癒されます

・それなりに 枝もありますし 光り方のパターンも5種類ぐらいはあり 簡単に操作できます。

葉っぱも 思ってたほどポロポロ落ちませんでした。

210㎝だと高さもあり迫力があって、だけど圧迫感はないようですね。

最後に

今回はクリスマスツリーのランキングから上位にランクインされている人気のクリスマスツリーのオーナメントセット、北欧ヌードツリー、ファイバーツリーをご紹介しました。

人気のクリスマスツリーは完売! で再入荷になっています。

すぐに完売するので、ほしいと思ったらすぐに購入しないとなくなってしまいますね。

それぞれにあったクリスマスツリーを選んでみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする